火葬のみにする

直葬を選択する人が増えるだろうと予想されています

 従来、火葬のみで故人の見送りを済ませるのは、故人やその身内が葬儀費用を持っていない場合や、身寄りがない人が孤独死したような場合に限られていました。火葬のみで見送る葬儀形式のことを直葬と呼ぶのですが、直葬に対し、あまり幸福ではない人が亡くなった際に行う葬儀だというマイナスイメージを抱いている人が大半でした。でも、最近になって、ごく普通の家族向けの直葬プランを用意する葬儀業者が登場してくるようになりました。数年前から、少人数で故人を見送る家族葬プランを利用する人が多くなってきているのですが、全般的に葬儀の簡素化を希望するケースが増えていると言うことができます。そのような事情を背景にして新たに誕生したのが、家族や親しい友人で火葬だけを行う直葬プランです。遺族に余計な負担がかからない方法であるため、今後は火葬のみの直葬プランを利用する人が多くなるだろうと予想されています。

直葬を営みたいと考えている場合には

 火葬のみで故人を見送りたいと考えているのであれば、直葬プランを取り扱っている葬儀業者を利用する必要があります。一般的な葬儀業者は、直葬プランを用意していない可能性が高いです。最近は、ほとんどの人が病院で臨終の時を迎えますが、遺体を搬送する都合があるため、病院から紹介された葬儀業者とそのまま契約してしまうケースが少なくありません。しかし、その業者が直葬プランを取り扱っているとは限りませんので、安易に契約を結んでしまわないようにする必要があります。実際には、ゆっくりと業者探しをしている暇などありませんから、多くの人が困ってしまいます。でも、インターネットを利用すれば、比較的簡単に直葬プランを取り扱っている葬儀業者を見つけ出すことができます。