宗教ごとに決めていく

様々な宗教で見られる設備です

世界には様々な宗教があります。 キリスト教、仏教、道教、神道、アフリカ系先住民の自然崇拝、それは色々です。 そして宗教と一口に言っても1つの宗教が細分化して派閥争いをしている様な歴史は多々あり、全てが一律一様という訳でもありません。 ただ、比較的類似する1つの風習や儀式礼拝的なモノとして、日本語で言う納骨堂の様なシステムが世界各国の宗教で時折見受けられます。 納骨堂とは、亡くなられた方を火葬した際に残られた遺骨を骨壷に入れた後、それを日本式に言えば、安らかに成仏して欲しい、という風な感じの儀式礼拝を願う安置、安永安眠の場として扱われます。 日本の仏教や神道関係でもそれは存在しており、それに応じた施設が多々あります。

葬儀を取り決める際に納骨堂へと安置を願うか否かを決める事ができます

納骨堂とは、生前の内から遺言書を書いて遺言書に記載した納骨堂の場に遺族に安置をしておいて欲しいと願う事も出来ます。 逆に親族が納骨堂に安置して安らかに眠って欲しいと願う形で安置される事もあります。 基本的に日本では棚式や仏壇式やお墓式などが大勢の方々にとってイメージし易いモノとして連想できると思います。 お墓参りに伺う集団墓地、あれも施設の規模や形式次第では納骨堂として扱われる側面が強く、ただこれもまた宗教の宗派や考え方次第では納骨堂ではない、という考えに変わる事も多々あります。 基本的に納骨堂への安置の保管をするという行為は、保管をしてしまった後になると親族や関係者などであっても勝手に持ち去ったりする事は違法な行為となるので注意が必要です。 その為に葬儀関係の取り決めの際に細かい説明がなされるなどの処置が行われ、厳格な儀式礼拝のモノとして行われるのが納骨堂への移管などになるという事です。